情報戦略で大学に受かる!


2013年02月03日

評定平均値




評定平均値とは?


A.
教科それぞれに、
高校3年の1学期までの成績を
5段階評価した数値を平均したものが
「評定平均値」と呼ばれます。

各教科の評定平均知を足し、
科目数で割ったものを
「全体の評定平均値」といいます。


これは、推薦入試に際しての重要な選抜基準になりますので、もしあなたが高1、高2であれば、今のうちから、0.1でも高く評定をとれるよう頑張りましょう。


また、今の自分の評定がどれぐらいなのか、一度、成績表をみて出してみると現在の自分自身の立ち位置がわかっていいですよ♪



posted by 学力会 at 09:00| 評定平均値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

評定平均 a段階




評定平均において、
A段階、あるいはA評定といわれている評価がありますが、これはどういうことでしょうか?


答えは
4.3以上の評定平均のことをA段階といいます。


ちなみに、B段階、C段階は?


以下に掲載しておきます。
あなたは今、何段階?



A段階
5.0〜4.3

B段階
4.2〜3.5

C段階
3.4〜2.7

D段階
2.6〜1.9

E段階
1.8以下




posted by 学力会 at 09:00| 評定平均 a段階 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

評定平均 10段階



評定平均は基本5段階ですが、
高校によっては10段階で成績をつけているところも少なくありません。

その場合は、10段階を5段階に直す必要があります。

しかし、だからといって
単純に2で割ればいいというわけでもなく
高校によってそれぞれ基準が違うので、
そのことに関しては担任の先生や進路指導の先生に相談したほうが良いでしょう。


多くの高校は、以下のように換算していますが、
あくまで、参考までに。



1    ⇒1
2、3  ⇒2
4、5、6⇒3
7、8  ⇒4
9、10  ⇒5



ラベル:評定平均 10段階
posted by 学力会 at 12:00| 評定平均 10段階 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。